家をつくるまでTo make

家をつくるまでStory

  • 見学会に参加

    WELCOME HOUSE

    見学会に参加して自分達が建てたい家のイメージを固めていく。

  • Work Shop

    家づくり Work Shop

    家づくりに関する素朴な疑問や間取り・ローンの事などなど一緒に勉強して行きましょう。

  • 住宅ローン仮審査

    住宅ローン仮審査

    現在、お住まいの家賃、年収に応じて、
    無理なくローンを返済できる、住宅・土地の予算の目安をお出しします。

  • 土地探し

    土地探し相談

    ご希望の地域(学区)環境をお聞きし、条件に合った土地をお探しします。

  • 土地買付予約

    土地買付予約

    良い土地を見つけたら、不動産会社(売主)に購入の意思を伝え、予約をとってもらいます。

  • 建築地決定(敷地調査)

    建築地決定(敷地調査)

    土地の買付予約をしたら敷地調査を敷地における建物の位置、大きさ、形を決めます。

  • 設計プランヒアリング

    設計プランヒアリング

    思い描かれている、理想の住まいのプランや資金計画についてのご要望をできるだけ詳しくお聞かせ下さい。

  • プレゼンテーション

    プレゼンテーション

    お客様の要望に応じて、立面、間取りプランを提案します。
    それに合わせ、概算金額、資金計画も提示します。

  • 建築申込み

    建築申込み

    今後も家づくりの打ち合わせを一緒に進めていく為にお申し込みいただきます。

    土地の売約契約

    地盤調査

    地盤調査の義務

    小坂建設工業は、建てた後に地盤沈下が起こらないように地盤調査を義務付けています。それにより地盤が弱いことが発覚した場合、補給を行います。家が傾いたリ、歪んで、建具の閉まりが悪くなったり、床がきしんだり、基礎にヒビがはいったりとトラブルの元をたどれば、家を支える地盤が軟弱で不同沈下による原因がほとんどです。たとえ家自体の構造がしっかりしていても沈下すれば、そういう症状が出てきます。
    だから小坂建設工業では、着工前に地盤調査を義務づけ、安心して住める家を建てています。

  • 住宅ローン融資申込

    住宅ローン融資申込

    金融機関で、融資の手続きをします。
    今一度返済計画に無理がないかご確認ください。

  • 土地分の融資の契約

    土地分の融資の契約

    融資承認がでましたら、銀行で土地分のお金を借りる契約(金銭消費賃借契約)を結びます。

  • 土地代金の決済

    土地の売主と司法書士の立ち会いにて、代金の授受と所有権の移転を行います。

  • 建築請負契約

    仕様の打ち合わせを基に確定図面、確定見積を提出します。
    それを確認の上、図面・仕様の変更の追加契約書を捺印して頂きます。

  • 役所に必要書類を提出

    確認申請提出

    役所に必要書類を提出し、建築確認を申請します。

    資材発注

    現場周辺あいさつ

    近隣のお宅にご挨拶

    建築地で工事中にご迷惑がかかりそうな近隣のお宅には、あらかじめご挨拶を行います。建てた後のご近所付き合いが悪くならないように細心の気配りをさせて頂きます。

    近隣のお宅にご挨拶
  • 地鎮祭

    地鎮祭

    地鎮祭とは、その土地の神を鎮め、土地を利用させてもらうことを許しを得る儀式です。
    工事中の安全、工事後の家内安全を祈願します。

    キソ検査

    木構造金物検査

    (株)日本住宅保証機構の現場検査を通じて「欠陥のない住まい」を実現します。

    後々、建てた家が、品質トラブルがないように、第三者の建築のプロの検査員より、着工から、完工まで、3回検査を実施しています。 検査員より、合格するまで次の工程に進めませんので、ミスや手抜きによる欠陥住宅を未然に防ぎ、安心の住まいを提供することが出来ます。

  • 建物分の融資の契約

    建物の完成に近づいてきましたら、建物分のお金を借りる契約(金銭消費貸借契約)を結びます。

  • 建物分の融資実行

    建物を請けう小坂建設工業と司法書士の立会いで、建物代金の決済をし、建物の所有権を変えます。

  • 第三者の検査員の完了検査 (株)日本住宅保証機構

    完成後、設計図面通りになっているか最終検査を行います。

  • お客様立会いの完了検査

    お客様の立会いの基に仕上げや設備の具合をチェックします。ご納得いただけない部分がありましたら、すぐにやり直し工事を行います。

  • ご入居

    鍵と保証書をお渡しします。
    その後、設備機器の取扱いの説明をさせて頂きます。

(株)日本住宅保証機構検査を受け10年保証書発行保証期間内、定期的に点検に伺います。

建物が第三者の建築検査員から3回の検査を受け、全て合格したら、検査機関が発行する建物を保証する10年瑕疵保証書を発行します。 保証機関は、定期的に専門のアフターサービスのスタッフが、点検に伺います。もし、品質トラブルを発見した場合、無償で修理、補修をさせて頂きますので、建てた後も安心です。

  1. 1年点検
  2. 3年点検
  3. 5年点検
  4. 10年点検